どのような悩みごとが解決できるのか

ステージ

宝くじは、年末などになると大いにはやるのが特徴になります。これは、日本人の中でも宝くじはギャンブルと異なり割と市民になじんだものだからといえるでしょう。このように、宝くじを購入することで宝くじの業界は非常に設けることができます。実際に宝くじで100万円を充てることができる人は5万人に1人と言われているほどです。これは、東京ドームのお客さんを満員にした時、たった一人だけになります。当然1億円になるとそれよりもさらに確率になるでしょう。実際大きな夢をみても、たいていの場合なかなか結果が出ません。そのため、宝くじで設けるお金は非常に莫大になります。その一部を宝くじ助成金として地方に使うことで、地方の活性化につながるわけです。

地方を活性化させる必要がある

作業員

宝くじ助成金により、地方が活性化するとされていますがなぜ地方活性化させた方がよいのでしょうか。その理由の一つは、現在日本は首都圏に人が集中しているからです。特に若い人が地方から東京や大阪などに集まりかなり人口が集中している状態です。やはり、便利なところがよいと考えている人が多いからです。そうすると、地方都市に若い人が少なくなってしまうでしょう。ですが、この状態は災害などがあった時に望ましい結果を生まないだけでなく、地方そのものの税収が少なくなってきます。そうすると、地方がすたれて日本全体がすたれていくのが理解できるはずです。少なくとも首都圏が生きていけるのは、地方があるからといってもよいでしょう。そこで、地方活性化させるべく宝くじ助成金を使っているわけです。

どのように使う必要があるのか

説明

宝くじ助成金といっても、使い方は様々なものがあります。一般的には、住民が自主的に行うコミュニティー活動に使うとされており、これにより地域が活性化してくるでしょう。厳密に言えば、それだけで地域の活性化になるわけではありませんが、少なくとも地域活性化のための土壌ができるわけです。この時の金は、場所によってあるいは時期によっても異なりますが、1件100万円と考えられているのが特徴でしょう。では、具体的にどのように利用するかといえば一つはレクリエーション事業になります。地方でも、観光客が来れば魅力的になるところは多いです。若い人でも、観光地としてその地方に行ってみたけども魅力的な場所と感じたのでそこに住みたいと考え、最終的にそこに永住する人も出てきます。いくら東京がよいといっても、すべての人が人ごみをこの訳ではありません。このように考えると、レクリエーション事業などを拡大させることで今まで関心がなかった人たちが目を向けるようになり活性化につながります。

広告募集中